Some Days You Get the Bear

IT系エンジニアの、日々の気づきや考えたこと。

アジャイルは組込みを救うことができるのか?

日科技連 ソフトウェア品質 第6回特別講義 「アジャイル開発での品質向上への取り組み」まとめを読んだ。

共感した部分はあきぴーさんのブログにしっかり書いて下さっているので、twitter の内容に関しては割愛する。

ひとつだけ。

このことは、ビジネスの情勢を見極めながら仕様を決め、何がいつまでにリリースできるのか判断するために、
大変重要で必要なことなのであるが、
このような関係づくりが難しいと思っている。なぜか?

私のやっている仕事は、主に BSP やドライバの開発である。
ということは、いわゆる外部仕様の部分は、最初から完全に決まっているようなものである。
ということは、バックログ + 優先順位 + できるところまで のやり方は、初めから成立していないのだ。

だからと言って、トラブルがなく全てがスムーズに進むわけではない。
例えば、未経験のプロセッサやデバイスがターゲットで、ノウハウが乏しいこともあれば、
回路の取り回し等、ハードに起因するようなトラブルだってある。
やはり「初めてやることはできるかどうかわからないもの」なのだ。
そしてこのようなリスクによる変動分は読みづらい。

アジャイルは QCD を変えずに、スコープをコントロールするやり方。
しかし、BSP やドライバでは、このスコープを変えることができない(難しい)。
もちろん Q も C も D も変えることはできない。かくしてここにデスマーチの誕生、なのである。

では、本当にスコープを変えることはできないのか?

例えば、BSP で RTC は後回しだとか、ドライバで DMA は後回しだとか、
多少の優先順位をつけて進めることができたとしても、
いずれはフルスペックの完成品が必要となる。
常に「フルラインナップ」であって、機能の「オプション化」が難しいのだ。

もちろん、アジャイルが全くダメなわけではない。
早く失敗する も、テストファースト も、ペアで対応 も、みんな間違いなく有効だ。
ただ「顧客への価値」としては、最初に決まったことのまま、何も変わることがない、ということだ。

アジャイルは組込みを救うことができるのか?」

このテーマについては、これからも何度か取り上げて考えていきたい。

広告を非表示にする