Some Days You Get the Bear

IT系エンジニアの、日々の気づきや考えたこと。

ソフトウェアとは

ソフトウェアというものは、
人間が頭の中で考えていることそのものであって、
頭の中で起こっていることをそのまま表現したものである、ということを
一体どれだけのひとが意識しているのだろうか、と思う。

ひとの考えが全てなのだ。
概念や観念の世界なのである。

だから、ちゃんと自分の頭でしっかり考えて、
整理して、意味付けをして、ポリシーを持って、と
「設計」してあげないといけないのだ。

だから、「設計ができない」とは、「ソフトがつくれない」ことなのである。

また、設計するということは、ちゃんと言葉で説明できなければならない、ということだ。
まずは自然言語できちんと正確に表現するところからなのだ。

あたり前のことではあるのだけど、大変なことなのだ。
ソフトウェアエンジニアとはそういう仕事なのである。

ソフトウェアエンジニアという仕事をナメてはいけない。

広告を非表示にする