Some Days You Get the Bear

IT系エンジニアの、日々の気づきや考えたこと。

設計のDone

アジャイルラジオ ~IT系エンジニア応援番組!~

さっそく第2回目がUPされていましたねっ!

私は第1回放送の感想なぞを。

「ハンドメンドの手ざわり感を大切にした」番組になってるのかと思いましたら、
なんだか「すげー本格的」な構成で、作り手のみなさまの本気度が伝わってきます。


さて、私が気になった部分は、

  設計のDoneの定義て、なに?

というお話し。

  設計の完了っていっても、評価のしようがない
  レビューが終わって上司のハンコをもらうとか、しょせんその程度のこと

っておっしゃっていましたよ。ひょぇ~っ! 

そうやってリーダーやお客さんからハンコもらうの(あるいは押すの)、すごいたいへんなんだよ~!

  それで正しいかどうかわかるの? 動くかどうかわかるの?

...だって。

上司に「動くまではわかりません」なんて言ったら、マジころされるだろうなー(笑)。
「それはお前の設計スキルが低いからだ」「降格にするぞ」とか言われそー(笑)。


私も「ソフトって動かしてみないとわからない」って、つねづね思っています。
人間の頭の中の想定だけで、うまくおさまることばかりじゃない。

でも工程としては、設計があって、コーディングがあって、テストがあって、って
そういう線表引いて仕事してます。それはそれでいい。
ただ、設計でこぼれるものや間違うことだってあるだろう、と(心の中でこっそり)思ってます。
だから、アジャイルが「早く動かしてみよう」「早く失敗しよう」って言ってるんだよ。
タグチメソッドが「想定外をどう扱うべきか」っていうのもそういうことだよ。

いつもいつも「どうしたら考慮漏れをすくえるのだろう?」と思うのだけど、明解な答えは出てこない。
動かしてみる、いじめてみる、は今のところわかりやすい解の一つには違いない。

しょせんその程度」の言葉の向こうに
「そこだけ見てたってどうしようもないんだよ」ってのが聞こえてくるよな。

おっと、ちょっと深刻モードになっちまったぜ。もうこのくらいにしておこう。

これからも楽しい番組を聞かせてください。
どうもありがとうございました!

広告を非表示にする