読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Some Days You Get the Bear

IT系エンジニアの、日々の気づきや考えたこと。

「大丈夫か?」などという質問には、論理的に答えられない。

タイトルの言葉はここから引用したものだ。

エンピツとキーボード
なぜScrumか、なんとなく整理がついた。@イノベーション・スプリント

もう何度も見ているページだ。私はこのページから勇気をもらっている。
タイトルに引用した野中先生の言葉もカッコいい。


それから、ここのページの最後の部分もまたカッコいい。
その部分を引用して、今日はおわりにしよう。

野中郁次郎もジェフ・サザーランドも、
現実の困難な状況において、勇気をもってイノベーションを、月を目指せ、といっている。
そして、そのための知恵と勇気を僕らに与えてくれる。
だから僕は、Scrumに惹かれ、実践を目指しているのだ。

人類を月へ運ぶような大きなチャレンジに関わる機会は、現実には、そう何度もないだろう。

でも、数少ないチャンスが訪れることを信じよう。
かならず、チャンスをつかむ準備をしよう。
チャンスを掴んだら、勇気をもって月を目指そう。
月を目指す仲間と、Scrumを組みながら。

(引用ここまで)

今こそ私は、先の分からない不安の中で、
勇気を持って次の一歩を探していかなければならないときなのだ、と思う。